子育てしやすい家とは?間取り決めのポイントや建築実例も紹介

子育てしやすい家とは?間取り決めのポイントや建築実例も紹介

子育てしやすい家とは?間取り決めのポイントや建築実例も紹介

この記事では、子育てしやすい家について解説していきます。

結婚し、子供ができたタイミングで家の購入を考える人は少なくありません。

子育てしやすい家の間取りを計画するためには、いくつかのポイントがあります。

また、子育てを意識した家づくりを進める際は、悩みがちなポイントも事前に押さえておくことが重要です。

この記事では、子育てしやすい家を手に入れるために知っておくべきポイントと、建築実例を紹介します。子供ができて家づくりを検討している人はぜひ最後までお読みください。

【この記事でわかること】

● 子育てしやすい家づくりで起こりがちな悩み

● 子育てしやすい家の間取りを決めるポイント

● TATTA!が実現した子育てしやすい家づくり

子育てしやすい家とは?

子育てしやすい家は、家族全員が快適に過ごせるだけでなく、子供の成長をサポートする環境が整った住宅のことです。

あくまで一例ですが、子育てしやすい家として主に以下の特徴が挙げられます。

  • リビングやキッチンなどの共有スペースが広い
  • 子供用品やおもちゃが散らからないように収納が工夫されている
  • 子供の成長に応じて部屋の用途やレイアウトを柔軟に変更できる設計である

上記の特徴を兼ね備えた家には、子育てに特化したさまざまな工夫がされています。子育てが一段落した時期にも、快適に暮らせる工夫を施すことも重要です。

子育てしやすい家とは、家族全員がどのライフステージであっても豊かな生活を送ることが可能な家だといえます。

子育てしやすい家づくりで起こりがちな悩み

子育て世代にとって、家族全員が快適に暮らせる環境作りは必ず目指したい目標です。しかし、実際に間取りを検討してみると、上手くいかないことも少なくありません。

ここでは、子育てしやすい家づくりで起こりがちな悩みについて解説します。

  • 子育てと家事の両立
  • 生活動線の効率性
  • 子供部屋や玄関などの片付け
  • 子育てと老後の暮らしを意識した間取り設計

順番に見ていきましょう。

子育てと家事の両立

子育てと家事の両立で悩む家庭は少なくありません。

例えば、子供のオムツ交換やミルクをあげるタイミングなどを気にしながら生活する必要があります。幼稚園や保育園に通う年齢になると、家の中でも活発に動き回るようになるでしょう。

家事をしながら、これらの意識を子供に向ける必要があるため、家事に集中できないといった悩みは多く聞かれます。

育児と家事を両立させることに苦労するケースは、家づくりにおいて多い悩みです。

生活動線の効率性

生活動線の効率性に関する悩みは、多くの家庭で共通しています。

特に小さな子供がいる家庭では、親が常に目を離さずに家事をこなす必要があるため、動線が複雑で長いと非常に不便です。

例えば、キッチンからリビング、洗濯機から干し場までの動線が長いと、家事に時間がかかり、子供に目を配る余裕がなくなってしまいます。

さらに、動線が複雑だと親が移動するたびに子供が付いて回ることになり、親も子もストレスを感じることがあるでしょう。

子供部屋や玄関などの片付け

子供部屋や玄関などの片付けが苦労するのも、子育て世代でよくある悩みです。

子育て世代の玄関は物が増えがちです。玄関の見た目が悪くならないようにするには、頻繁に片付けや掃除をする必要があります。

さらに、子供部屋を自分で片付けすることを教えなければ、汚いまま放置してしまうこともあります。ダニやカビが発生してしまうケースも少なくありません。

片付けを親が行っているうちは掃除や片付けの時間が多くなり、家事をする時間が少なくなる点も大きな悩みです。

子育てと老後の暮らしを意識した間取り設計

家づくりにおいて、子育てと老後の暮らしを意識した間取りを設計することも、子育て世代が悩みがちなポイントです。

家づくりは、子育てだけでなく老後の暮らしも考慮しておくことが重要です。そのため、子育てを優先しつつも後から変更できる間取りにする必要があります。

つまり、家づくりは出産から独立するまでの間と、夫婦2人暮らしになった時期のどちらにも対応できる間取りを設計しなければなりません。

しかし、多くのオーナーは限られたスペースで家を建てるため、全ての要望をクリアできない悩みを抱えるケースもあります。

子育てしやすい家の間取りを決めるポイント8選

以下のポイントを押さえることで、子育てしやすい暮らしを実現できる間取りとなります。

  • 玄関を広めにつくる
  • 効率の良い家事動線を意識する
  • 子供の成長に適応できる部屋をつくる
  • 子供が遊べる庭をつくる
  • カウンターキッチンを採用する
  • バリアフリー設計を採用する
  • 十分な収納スペースを確保する
  • リビング・ダイニングは広めに設計する

ここでは、子育てしやすい家の間取りにするためのポイントについて解説します。

玄関を広めにつくる

玄関周りは、広めに設計するのがおすすめです。

子育ての時期は、ベビーカーや遊び道具を玄関に置くことになります。そのため、どうしても玄関周りに物が溢れてしまいます。

物が増えすぎることに備えるためには、玄関をあらかじめ広めに設定することをおすすめします。シューズクロークなど、物を隠せるスペースを設置しておくのも手段の1つです。

子供が成長し、ベビーカーなどが不要となっても有効活用できるスペースを確保できます。

効率の良い家事動線を意識する

効率の良い家事動線・生活動線を意識することもポイントの1つです。

効率の良い家事動線を設計することで、家事にかかる時間を短縮し、子供との時間を増やせます。例えば、キッチンとリビングを近くに配置すれば、料理をしながら子供の様子を見守りやすいでしょう。

また、洗濯機や干し場、収納場所を近くに配置することで洗濯がスムーズに行えます。家事動線をシンプルにすることで、日々の家事負担が軽減され、ストレスを感じにくいといえます。

子供の成長に適応できる部屋をつくる

子供の成長に伴い、必要なスペースや機能は変わっていくため、適応できる部屋をつくることをおすすめします。

例えば、幼少期には広いプレイエリアとして使い、思春期になったらそれぞれの子供に個室を与えるなど、柔軟に対応できる間取りが望ましいといえます。

子供の成長に適応するためには、ある程度部屋数を用意しましょう。自室が必要となったタイミングで、すぐに稼働できるようにしておくことが大切です。

また、子供部屋は後から分割できるように大きな間取りにすれば、家族構成の変化に対応可能です。長期的なライフスタイルを踏まえて、設計士と相談することをおすすめします。

子供が遊べる庭をつくる

子供が遊べる庭をつくることも、子育てしやすい家づくりのポイントです。

敷地に余裕がある場合は、リビングやキッチンから見渡せる場所に庭を設置し、外で自由に遊ばせることもおすすめです。

公園やグラウンドは大人が引率しなければ安全が確保しにくいですが、マイホームの庭であれば安心して子供が遊べます。

子供の感性を育み、外遊びを通じて体力をつけるためにも庭は重要です。さらに、庭のデザインには安全面も考慮し、転倒しにくい床材を選ぶと良いでしょう。

カウンターキッチンを採用する

カウンターキッチンはリビングを見ながら料理ができるため、子育て世代に向いている間取りです。

カウンター越しに料理を渡せるため、火を使うキッチンに子供を入れるリスクを下げられる効果もあります。

また、カウンターキッチンは家族とのコミュニケーションが取りやすくなるため、家族全員が自然に集まりやすい空間を実現できます。

バリアフリー設計を採用する

子育てだけでなく、両親との同居や自らが高齢者になった際にも住みやすい住環境となるように、バリアフリー設計は採用すべきです。

バリアフリー設計にすることで、段差が少なく転倒リスクが少ない住宅になります。どのような年齢層であっても、安心して生活することが可能です。

子育てが終了した後の生活も踏まえた間取りづくりが、重要なポイントといえます。

十分な収納スペースを確保する

子育て世帯では、収納スペースは多めに確保することをおすすめします。

収納スペースが少ないと、子供が増えたり成長したりした場合に対応できなくなるおそれがあります。その結果、棚を設置する必要があるでしょう。

生活動線が変わってしまい、ストレスを感じるリビングになることも考えられるため、収納は余裕を持って設置しておくことが重要です。

特に、玄関には靴やベビーカー、アウトドア用品を収納できるスペースを設けると便利です。また、収納スペースは子供が自分で片付けやすい高さに設計することをおすすめします。

リビング・ダイニングは広めに設計する

広めのリビング・ダイニングは、子育て世代にとって非常に重要です。

リビングは家族全員が集まり、コミュニケーションを取る場所です。子供が小さいうちはリビングで遊ぶ時間が多いため、広めに設計することで遊び場やくつろぎのスペースになります​。

リビング・ダイニングを広くすることで、おもちゃや遊び道具を広げてもゆとりのある空間になります。広いリビングは子供が走り回っても安全で、親も安心して見守ることが可能です。

また、1ヶ所に家族が集まる時間が長いほど光熱費を節約できるため、ランニングコストを下げる効果も見込めます。

TATTAが実現した子育てしやすい家づくり

ここでは、静岡県や神奈川県を中心にワンプライスの注文住宅をご提案しているTATTA!の子育てしやすい家の建築実例を紹介します。

※出典:中井町 家事ラク動線で子育てがしやすいお家|建築事例|TATTA!

間取り

3LDK+シューズクローク+和室+ウォークインクローゼット+店舗

この建築実例では、オープンキッチンにして家族が集まりやすい空間にしながらも、キッチンの背面に収納スペースを設置し、リビングに物が溢れない工夫がされています。

また、リビング横の和室はあえて段差を設け、小上がりにしています。子供と座って話せるスペースとして活用可能です。

これ以外にも、幅広い年齢層が利用できる広々としたウォークインクローゼットを採用するなど、家族全員がストレスを感じることなく生活することが可能です。

TATTA!の家は、子育てしやすいだけでなく、家族全員が豊かな暮らしを実現できるノウハウが詰め込まれています。子育てしやすい家を検討している方は、ぜひご相談ください。

TATTA!へ家づくりについて相談する

子育てしやすい家に関するよくある質問

最後に、子育てしやすい家に関する質問を以下にまとめました。

  • 赤ちゃんが住みやすい家の特徴は?
  • 子育てしやすい家に2LDKは最適?

順番に回答します。

赤ちゃんが住みやすい家の特徴は?

赤ちゃんが住みやすい家の特徴として、以下が挙げられます。

  • 安全性を高める工夫が多い
  • リビング・ダイニングが広々している
  • 断熱・防音対策が十分である

赤ちゃんが快適に過ごせる家では、安全性が最優先です。段差の少ないフロアや、角のない家具、手すりの設置など、安全対策がしっかりとされていることが大切です​。

さらに、成長に伴い自由に動き回れる広いスペースも重要です。リビング・ダイニングを広めに設計し、赤ちゃんがのびのびとハイハイや歩行練習ができる環境を整えると良いでしょう。

また、室内環境の快適さも大切です。例えば、高性能な断熱材を使用し、冬は暖かく夏は涼しい環境を保つことで、赤ちゃんの健康を守れます。

音の響きやすい家では、防音対策も考慮すると、赤ちゃんが安心して眠れる環境が整います。

子育てしやすい家に2LDKは最適?

2LDKは、特に幼い子供がいる家庭や一人っ子の家庭に適しているといえます。2LDKあれば、夫婦の部屋と子供部屋が確保できるため、一人っ子であれば問題なく生活が可能です。

ただし、子供が増えたり、学校に通うようになり荷物が増えたりすると、手狭に感じるケースもあります。同居する人数を考慮しながら、最適な間取りで家づくりすることがポイントです。

子育てしやすい家づくりは将来のライフスタイルも考慮しよう

子育てしやすい家は多くの人が目指す家ですが、実現するためにはポイントがあります。

TATTA!は、夢の暮らし方を丁寧にお聞きし、お客様らしい家をプランニングします。無駄なコストを省いたことで、丈夫で快適な家を手の届く価格で実現してきました。

これまで建築した豊富な実績を基に、動線が良く子育てしやすい間取りを提案し、お客様に合った家づくりをお手伝いします。

子育てしやすい家を手に入れたい人は、一度TATTA!にご相談ください。

注文住宅コラム記事一覧